@ゆちこのブログ

ゆっちのいろいろを、出来る限りその色で綴るそんな日記。

@ゆちこの日記

すらすらと話しているときの言葉は、今の自分の心から出ているのか

最近のゆちこをつらつらと。

①昨日から、鹿児島県甑島にきています。
甑島は2回目だけど、観光地化されていない、本当に「島」らしい島。
夜真っ暗な海を見ながら、一人でぼーーーーっとする贅沢さがたまらんのです。
一人になれる場所って、実はあまりないんだな。

 

②昨日、一緒にプロジェクトに関わる仲間達と、地元の方と一緒に飲んでいて。
絞り出しながら、言葉を発しているときと、
すらすらと話しているときがあるな、と。
気心しれた友達ではなく、初めましてだからこその、まだ初々しい距離感が(多少なりとも)ある中で、言葉に詰まるときと、すらすら。
この違いは何だろう、と。

③すらすら話しているとき、それはもう過去に話した言葉をなぞっていることが多いのではないかと思った。
「今やっている仕事のこと」

「人生の転機」

「人生で大切にしていること」
今まで何度か聞いてもらっていること、聞かれ慣れていることが、
いつのまにか言葉がテンプレートしているということに昨日話しながら気がついた。

そんなときは、今の自分が話しているのではなく、
過去の自分が話ているのであり、
それはもう話し方の抑揚の付け方までなんなら決まっていて。
まるで台本がある喜劇みたいに、すらすらすらすらすらすらと、相手の求める答えをかっこよさげに話しているのだ。

そして、過去の自分が感じたことを、人と話す中で決してアップロードされることはない。

 

④今まで生きてきて、自分なりに答えが見えたものと、まだ分からないものがある。
仮説でも、答えが出ていることは整理させているので、話すのが簡単で。
そしてそれは、ある程度(相手にとって)「話せてよかった」と言ってもらえることも多い。

そしてそれとは別に、まだ分からないもの。
今まさにうずまいていて、途中経過のような、ふつふつとしているような。
自分が話している中で自分が発見しちゃうような、そんな話になるときもある。

相手にとって、こんなまとまりのないこをと話して申し訳ないな、
そんな気持ちで溢れる、あの感じ。
今までそんな時間をよしとしていなかった自分にも、気がついた。
人と話すときは、ちゃんと答えがないといけないと思っていたのだ。

でも、昨日はちょっと違った。
まさにそこには、その瞬間のライブ感がある言葉が溢れていたのだ。
荒削りで、回り回っていて、とりとめがなくて、
言葉に自信がなくて、相手の反応が気になって、言ったことをちょっと後悔しちゃうような、そんな「LIVE」感のある言葉達が溢れたのだ。

それが、人と話すとき、その瞬間を一緒にいること、なのかもしれないな。
そんなことを、ふと思った。
ライブ感のある言葉は、おもしろい。


⑤何かを解決したいわけでもなく、心の中にある、まだ言葉になっていないもの。
カケラ達かもしれないし、カタチになっていないかもしれない。
でも、そこにその人の心の色がある気がして、まだ他からの色が足されていない、自分やその人にしか出せないそのままの色がある気がして、その色に触れてみたいと
思う。そう、ただ、そこに触れてみたいだけ。一緒にその温度を味わいたいだけ。


⑥人と話すときに、その答えは用意されているものなのかどうか。

これから、そこをちょっとしたときに意識していこうと思う。
毎回その瞬間の自分の、心で話せるような。
毎回違っていても、今のその瞬間に感じていることを。

目の前の人と交換しあう、そんな話し方をしたい。

⑦そんな朝思ったことの、忘備録。