@ゆちこのブログ

ゆっちのいろいろを、出来る限りその色で綴るそんな日記。

@ゆちこの日記

頭の中は、おもちゃばこ。

最近のゆちこをつらつらと。

①ただいま東京。
ってなわけで、東京さ帰ってきました。
約一ヶ月ぶりの東京。

そしたら、もうびっくりするくらいの青空で。
そして春だから、公園をあるけば色とりどりのお花達。

地方だからいいとか、自然がいっぱいだとかそういうわけではなく。
ゆっくり空を眺める、心の余裕があれば東京も地方も一緒なんじゃないかって思ったのです。
だって、ちょっと歩けば。
お花はそれぞれの色に輝いているし、お日様は温かいし、お空は青いし。
緑は輝いているし、もうそれは、地球からパワーがいっぱいなんだもん。
どこにいても。


②九州は、結局ほとんどが居候させてもらったり、泊まらせてもらったり。
車も持ってなかったから、基本的に送ってもらったり、行きたいところがあるときは貸してもらったり。

びっくりするくらい。
いや、びっくりしたんだけど、本当にお世話にしかなっていないそんな一ヶ月だった。

個人日記に、お世話になった人を書き連ねたら、もうそれはすごい量で。
ほんと、みなさまありがとうございます。

おかげで、心ポカポカです。
心ポカポカだから、スタバの店員さんにも、コンビニの店員さんにも、いつもよりぐっと笑顔になれて。
小さいけれど、巡り巡って、世界に恩返しできたらいいな。
小さいけれど、小さいことから。

③東京に帰ってきて何をしているかというと、今まで以上に空を眺めたり、芝生にねっころがったり、お日様を感じたりしています。
ムダな隙間時間がないように、仕事やアポを詰め込んでいた時期もあるけれど。
今の私には、この「ゆったりする」のがとても合っているココロみたいです。


そして、その中で湧き出るアイデアや、人への想いを大切にしていこうと。
そうやって生きてみたらどんな感じなのか、に取り組んでみようと思うわけです。


④1月と2月はがっつり働いてみる、がテーマ。
そして3月は、がっつり甘えてみる、がテーマ。
こうやって、色んな実験をしながら、自分にとっての心地よいを計っているそんな毎日です。
そして、それは一つだけではなくて、色んな時期がある、が私にとって一番心地よいのかもなと、そんなことを思い始めた最近です。

⑤九州で、運命的な出逢いがあって。
こんなに一緒にいてココロが喜ぶ人がいるんだと、驚きがいっぱい。
嬉しいこと、楽しいこと、ハッピーなこと。
自分にとって、そんな自分でいることがとっても幸せだから。
私は、そんな時間を大切に生きて行こうと思うわけです。

⑥やりたいことがいっぱい。
だから、どんどんやろうと思う。
30歳になったから、そろそろ決めようとか、一つに絞ろうとか思っていたけれど。
まだまだ、私は色んなことに手を出したい、そんな気持ちがあるみたいです。

大好きな友達に、そんな話をすると
「ゆっちの素敵なところは、柔軟に変化を受け入れること」
と言ってくれて。

でも、一方で
「軸がなくコロコロ変わりすぎだし、飽きっぽすぎる」
と言われることもある。

色んな意見があって、そしてそれを伝えてくれることに感謝をしながら。
いつか死ぬ時に、この人生で本当によかったって。
お父さん、お母さん、ありがとうって。
そう、誰のせいにするでもない、そんな人生を歩んでいこうと思います。

⑦頭の中が、カラフルなおもちゃ箱みたいに。
今、色んな構想があって。
自分でも全然整理出来ていないけれど。
やりたい!と思っても出来てない!ってことは、ココロの「お楽しみボックス」に溜め込みながら、出来ることから色々とやっていこうと、思うわけなんです。

⑧そんなわけで、しばらくは九州と東京の2拠点生活です。
九州の住まいは、キャンプ場の森の中。
ツリーハウス下、白いコテージ住まいです。
今流行の、小屋住まい。

⑨誰かに知ってもらいたくて、行動や生活をしているわけではないので、中々発信が追いついていないけど。
「もっとゆっちの毎日や、生き方や、考え方を知りたい」ってそう言ってくれる人がいてくれるから。

発信はやっぱりもっと、していこうと思うんです。


⑩森の中で飲むコーヒーも美味しいけど、スタバも好きだなあ♡
そんな、六本木のスタバより。