@ゆちこのブログ

ゆっちのいろいろを、出来る限りその色で綴るそんな日記。

@ゆちこの日記

心地よいか、心地よくないか。という基準。

ゆちこの今をつらつらと。

 

 

①心地よい方を選ぶ、という基準。

 


今やもう、正解・不正解が本当になくなってきていると思う。
今までは、不正解(と思い込んでいるもの)を排除し、
正解(と思い込んでいるもの)を選んできた。無意識的にも。

そして今は、AとBで迷ったら、何を基準にするか、と
焚火を囲みながらそんな話になった。

楽しい、楽しくない。
嬉しい、嬉しくない。
ワクワクする、ワクワクしない。
・・・

 

どれもなんだか腑にはおちないなーと思っていた時に、
友達が言っていたことは。


「心地よいか、心地よくないか」

 

うん、これ。
なんだか、今の自分にはすごく心地よい。
心地よさは変わるもの。
そのなんていうんだろう、軽やかさも、また好き。

そして、自分の心地よさを感じられる。
そんな自分でいることは、結構心地よいなと、思う。

 

 

 

②心地よさって、何だろう

 

 

と書いてみて、ふと思ったのは。
自分にとって、心地よいって何だろう。

そして、今思うのは。
心地よさは、何だろうって頭で考えるものではなく。
こころ、でもなく。お腹がなんだかむぎゅっとしたり。
大地から、ぶわっと足の裏を伝わってくるものだったり。
身体がポカポカしたり。
こう、言葉にすればするほど遠ざかってしまうんじゃないかと思うような、
そんなものなのかもな、と思う。

 

そして、一つ知っていることは。

おひさまのにおいをいっぱい吸い込んだ
ふかふか、ふわふわのお布団にダイブするとき。

なんだか、その時の何とも言えない幸せを思い出すだけで幸せな気持ちになる。
あれは、私の好きな心地よさの、一つなんだと思う。

 


③続き

 

それじゃあ、冷たい部屋で一人寂しくお布団にダイブしたら
すごく心地よいかといわれると、そうじゃないなと思った。

そのときの、お母さんの笑顔とか。私のためにふかふかにしてくれてた事とか。
その愛情を思い出すから、あんなに心地よさがあるんだろうな。
うん、じんわり。

 

 

 

④ありのままの自分と、心地よさ。

 

 

「ありのままの自分になるの」ということば。

ずっと、この言葉って、なんて優しいんだろうって思っていた。

 

それは、この意味を私はずっと
「そのまんまでいいんだよ」だと思っていたから。


ダラダラしても、うだうだしても。
何もしなくても、どうしようもなくても。

もう、そのまんまで、
無理せずにありのまんまで、いいんだよって。

 

そしていつのまにか、
この「ありのままの自分」を正当化して、相手に押し付けて。
この「ありのままの自分」という言葉を盾に
正当化していた自分がいる。


ワガママいっても、どうしようもなくても。
それは私の「ありのまま」だから、それ、私が正解。
それを受け入れられないのは、はい、そっちが悪いって。
(もうひどいよね。ごめんよ。)

 

そして、当時付き合っていた人に振られたときに気が付いたこと。


それは、「ありのままの自分になる」って、

何でもいいっていう優しい言葉じゃなくて。

 

「ありのままの自分でいなさいよ」っていう、

「何でもいいよ、そのままでいいよ」の

むしろ【対義語】なんじゃないかって。

 

 

⑤当時の自分メモに書いてあったこと。

 

 

---

自分以上、になる必要はないなと思うけれど。
自分を最大限に、発揮する必要はあると思う。
 
お父さんお母さんがくれたギフトを、
ちゃんと手を抜かず、活かす努力をすることは、
頑張ることでも、無理をすることでもなくて。
 
ありのままの自分になる、いる。
 
そういうことなのかもなとおもう、そんな朝。

----


「ありのままの自分でいる」という言葉。
人によってその言葉から感じるものは色々だし、
どうであってもそれによってその人の人生が心地よくなるならば
それがいいと思っていて。

 

そして、今の私にとっての「ありのままの自分になる」とは、
こういう感じ。

これって、ふと上に書いた「心地よさ」とも似てるなと思って。
自分をちゃんと活かしきっている、そんな状態は、
私にとって「心地よい」そんな状態だなーと思う。

ま、まだ考察中。

 

 


⑥まじめに考えたあとに思うこと。

 

 

と、まじめに色々考えたあとに、いつも思うのは。


「まーー、いっか!」

ということ。笑。

 


こういう風に、色々考えたり、探ったりするのも大好き。

そしてね。

今私は元気に生きていて。
美味しいトウモロコシを食べていて。

それ以外は、もう、「ま、いっかーー!」っとも、思う。
これだけ書いてきて、元も子もないけど。

 

まじめに色々考えたり感じたりする自分も。
そんな、がはは、まーいっか!って自分も。


なんだかわたし、心地よいんだな。

って、今思った。

 

今日も幸せだな。

 

 

⑥書きたい欲求

 

 

書いてみて、もっと書きたいことがある。
しっくりこなくて、消したものもたくさんある。

そして、何がって、ほぼ誰も見ていないこのブログ。
だと思ってたら、坂爪さんが紹介してくれて
アクセス数がびっくりするくらい増えた。
(ありがとうございます!)

そして同時に、見てもらえてるという意識が
言葉をつづるときにふとよぎって、
やっぱりちょっとかっこつけちゃったりしてる。

そんな自分に気が付く瞬間も多くって、慌てて消したりする。

書くということは、そんなまだまだいる、
そんな見栄っ張りな自分との向き合うことかもなと、思う。


そんな事を、書くことも面白い。
ああ、面白いなー。もっともっと、書きたいな。

 

⑦最後に


トウモロコシって、なんでこんなに美味しいのだろう。